人間の髪の毛の約80%は、数種類のアミノ酸からなる「ケラチン」というたんぱく質からできています。ですから、良質のアミノ酸や良質のたんぱく質をしっかり摂ることがとても大切ですが、たんぱく質だではなく、ビタミンをはじめさまざまな栄養素をバランス良く摂ることが、女性の薄毛対策には欠かせません。

【野菜や果物は皮ごと食べよう】
例えば、人参やゴボウ、大根といった根菜類を調理したり、食べる場合は皮を剥かずに、できればそのまま皮付きの状態で食べるようにしましょう。よく知られていることですが、野菜や果物の皮にはたくさんの栄養が含まれています。

また、お米の皮を剥いた状態が白米となりますが、お米は皮を剥かずに玄米のままで食べればベスト。玄米には健康な頭皮を保つ事が出来る栄養素を、大変多く含まれているのです。

そして、野菜や果物の皮には様々なビタミンが含まれており、その中には特に薄毛対策に影響のある、ビタミンDやビタミンEが含まれています。お米は玄米で、そして野菜は皮ごと調理し食べることが健康にも、育毛や薄毛対策にも効果的というわけです。

◎ビタミンD
ビタミンDは骨を作る栄養素でもあり、ビタミンDが不足すると骨粗しょう症になりやすいと言われていますが、骨粗しょう症患者にビタミンDを与えたところ、毛髪が増えたという例があったそうです。実は、マウスを使った実験でもビタミンDが不足すると毛が抜けるという事実が確認されていて、毛髪の成長に影響があると考えられています。

◎ビタミンE
ビタミンEを意識して摂取すると、頭皮や毛髪の老化防止に役立ち、抜け毛が減少すると言われます。毛細血管を広げる作用があり、毛乳頭まで円滑に栄養を運べるようにしてくれます。年齢と共に増加する、コレステロールなど体の脂質は、活性酸素により酸化してしまうと、頭皮にも悪影響を与えます。ビタミンEは、体や頭皮に分泌され酸化してしまう過酸化脂質を排出して抜け毛を防いでくれます。

その他にも、ビタミンDとビタミンEは血管を守ったり、血行促進を促してくれるので、冷えから発生する抜け毛の予防や、育毛促進の効果まであります。

◎ビタミンB群
ビタミンB郡は胞の代謝を促し、毛母細胞の動きを活発にしてくれます。頭皮が脂性の方や、炎症などを起こしている場合は、特にビタミンB2とビタミンB6の摂取が良いと言われています。また、ビタミンB2とビタミンB6は皮脂の分泌を抑え、皮膚の新陳代謝を起こしてくれる作用があるため、これも育毛のためには意識して摂りたい栄養素だと言えるでしょう。

◎ビタミンA・ビタミンC
ビタミンCは、ビタミンEと同じように活性酸素を取り除いて細胞や皮脂の酸化を防いでくれます。そして、ビタミンAは細胞分裂を整え、頭皮の健康を維持する働きを持っています。

マイナチュレの効果はどうよ