紫外線がお肌に注ぐとシミやしわの原因となり、結果として老け顔になってしまうと言われ、できるだけ紫外線に当たらないことがスキンケアの基本だと言われています。

実は、これは髪や頭皮にも同じことが言えます。髪や頭皮が紫外線の攻撃を受けると乾燥を招き、髪のツヤを作っているキューティクルを壊してしまいます。また、メラニン色素を破壊したり、髪の毛のパサつきを進行させてしまい、バサバサ髪となって抜け毛を招いてしまいます。
紫外線にはUVカットクリームや日傘などが効果的で、できれば男性も日傘をさすべきですが、そうもいかないので外出時にはせめて帽子をかぶって直射日光に髪や頭皮をさらさないようにしましょう。

また、外出から帰ったら髪をていねいに洗い、紫外線吸収成分配合のトリートメントを髪にもみ込んであげましょう。その後は、髪をよく拭き上げてトリートメント成分を髪に行き渡らせましょう。

海水浴のシーズンである夏は、髪や頭皮にとって危険な季節。強い紫外線に加え、海の塩分が髪にダメージを与えてしまうのでくれぐれもケアを忘れないようにしてください。